漫画

つらく、しんどい時はギャグマンガを読んで笑って吹き飛ばそう!!スケットダンスという漫画をオススメする5つの理由

Pocket

どうも、おはこんばんにちは、ましむです。

学校や会社での人間関係だったり、将来のことだったりで、つらく、しんどくなっていませんか。

この記事を読んでいるあなたにも1つや2つぐらいあるんじゃないですか。

私自身、今月は仕事が忙しく家に帰ったら、すぐにベッドにダイブしています。

そんなあなたには「スケットダンス」という漫画でいったん心を休めて気持ちをリセットしましょう。

1.「スケットダンス」ってどんな漫画?

主人公は手がものすごく器用で、ゴーグルをかけるとものすごく集中できるといた主人公らしさが全くない藤崎佑助ことボッスン。

口ではなく、パソコンでしゃべる発明大好きな笛吹(うすい)和義ことスイッチ。

中学時代「鬼姫」と呼ばれ最強の不良として恐れられていた鬼塚一愛(ひめ)ことひめこ。

この三人が学園内での相談や人助けなど困ったことを解決していく漫画です。簡単に言えば銀魂の学園版で思ってくれてOKです。

2.なぜスケットダンスをオススメしたか。

その理由はいたって単純で

  1. あまり知られていないから。
  2. 作者が銀魂の元アシスタントで折り紙付きの面白さだから。
  3. 悩みを解決するきっかけになる話がおおいから。

です。それではひとつひとつ解説します。

1.あまり知られていないから。

大半の人はギャグマンガといえば銀魂やこち亀を、最近だとかぐや様は告らせたい、ヒナまつりなどを思い浮かべると思います。

スケットダンスは、2007年~2013年間計288話連載されていて、アニメは77話と少なめで5年前と若干古く知らない人が多いと思います。

知らない分ものすごく笑い転げれます。

2.作者が銀魂の元アシスタントで折り紙付きの面白さだから。

スケットダンスの構成といい絵といいどっかで見たことがあるぞと思って調べてみたらなんと銀魂の元アシスタントだったんです。

そりゃー銀魂の作者空知英秋さんのもとで修業を積んでたら面白い漫画になりますよね。納得です。

でもちょっとなんか銀魂の学園版でパクリとか言われるくらい似てます。近藤春奈とステラおばさんぐらい似てます笑。

差別化できる点はスケットダンスはギャグマンガでは珍しく時間がしっかりと進むという点です。ループ系とは違い新入生が入ってきたり、いままでいたキャラが卒業していなくなったりと進むならではの内容があり面白いです。

3.悩みを解決するきっかけになる話が多いから。

ギャグマンガでもたまにかっこいい回や感動する回がありますが、スケットダンスは特にそういった回が多いと思います。普通のギャグ回かと思いきやかっこいいシーンが入ってきたりします。

また、本当にありそうな悩みをボッスンたちが一緒になって解決してくれるのでリアルに役立つことがあると思います。

その悩みが自分のものに似てたらなお勇気づけられます。

3.まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

  1. あまり知られていないから。
  2. 作者が銀魂の元アシスタントで折り紙付きの面白さだから。
  3. 悩みを解決するきっかけになる話がおおいから。

以上がスケットダンスをオススメする理由でした。

学校生活を経験した人なら誰でも笑えれると思います。

また別の記事でお会いしましょう。