漫画

神vs人類のタイマンバトル!!「終末のワルキューレ」が熱すぎる

Pocket

みなさん、こんにちは。ましむです。

神vs人類の漫画といえばいろいろあるとは思いますが、ほとんどがストーリーの一部というかメインで扱う漫画というイメージが多いです。(そんなことないかもしれませんが)

今回紹介する漫画「終末のワルキューレ」は神vs人類がメインでしかも1vs1のタイマン勝負です。

ここ数年でバトル漫画で1番面白いと思える漫画でしたのでさっそく紹介していきます。

あらすじ

千年に一度神々によって開かれる「人類存亡会議」にて満場一致で人類滅亡が決定された。

しかし、ワルキューレが異議を唱え神vs人類のタイマン勝負「神VS人類最終闘争(ラグナロク)」によって決めることになった。

人類の存亡をかけた戦いが、今始まる。

登場キャラクター

 ブリュンヒルデ

「終末のワルキューレ ブリュンヒルデ」の画像検索結果

ワルキューレ13姉妹長女。神の中で唯一人類の味方で神々にラグナロクを持ち掛けた。

 ゲル 

ワルキューレ13姉妹の末妹。ブリュンヒルデを慕っていて一緒に行動している。

ゼウス

「終末のワルキューレ 」の画像検索結果

ギリシャ神話の主神で全知全能で神々の王。無類の戦闘好き。

まだまだいろんな神や人類がいますが、長くなるので主要キャラのみ紹介です。

魅力

1. 選ばれた13の神と人類たち

上の登場キャラクターでは名前を挙げませんでしたが出場選手は以下のようになってます。

「終末のワルキューレ 」の画像検索結果

どれも聞いたことのある名前たちですよね。

組み合わせはまだ決まってはいませんが、わくわくするようなメンツですよね。

2.人類が使う武器たち

神には神器という神専用のチート武器があり普通に戦えば勝利はないです。

しかし、ワルキューレ13姉妹の能力である「神器錬成(ヴェルンド)」によって人類にも神器を使うことができ、これで神と対等に勝負ができます。

神器錬成はワルキューレ1人の命を使って神器になるのでブリュンヒルデの本気がうかがえます。

3.先の読めない展開

漫画のよくある流れとしてサブキャラたちが最初に戦い徐々にメインよりのキャラたちが戦うという王道な流れがありますが、

この漫画ではなんと...2回戦でメインであろうゼウスVSアダムの神と人類の始祖対決が繰り広げられるのです。

あまりにも速い展開で驚きましたが、これから先はこれ以上の面白さなんだろうとものすごく期待です。

(打ち切りなんていう理由はなしにしてくれよ。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。これまでにあるようでなかった神VS人類のタイマン勝負これからの展開がとても楽しみな作品です。